レーシック難民とは

レーシック難民とは

レーシック難民とは、

レーシックの手術後に眼や体に症状が起こっているのに、
適切な治療を受けられないで
そのままにせざるを得ない人たちのこと。


主な症状としては、


不正乱視、
過矯正、
欝、
自殺、
脳圧上昇、
照射ズレ、
偏心照射、
充血、
眼精疲労、
ドライアイ、
色覚異常、
不同視、
視力再低下、
角膜潰瘍、
角膜混濁、
DLK、
ハロ・グレア、
スターバースト、
ヘイズ、
見え方の質の低下、
コントラスト低下、
エピセリウムイングロース、
セントラルアイランド、
角膜感染、
サハラ砂漠症候群、
フラップ形成不全、
フラップ不良、
夜間視力低下、
明所でのまぶしさ、
中近方の見えづらさ、
複視、
日中の視力変動、
エクタジア、
球結膜下出血、
飛蚊症、
毛様充血、
表層角膜炎、
層間角膜炎、
上皮迷入、
激しい目の痛み(表面、奥)、
充血(出血)、
疲れ目、
斜視、
眼瞼下垂、
慢性頭痛、
眩暈、
吐き気、
斜頸、
全身倦怠感、
不眠症状、
欝症状、
自殺願望


など

出典:【拡散希望】レーシックの実情について調べてみた【副作用、合併症、難民、ステマ】 - NAVER まとめ
http://matome.naver.jp/odai/2133684443558636401




え!こんなに!!
と思うほど多くの症状。


もしも、手術を受けたことでこんな症状に苦しめられたら・・・。




もちろん、手術が成功し
メガネやコンタクトレンズの煩わしさから
解放された方も多いんでしょうけど。



そういえば、去年、
近視を矯正するレーシック手術によるトラブルが、
過去5年間で80件報告されていると、
消費者庁が発表してました。


ちなみに美容整形高須クリニック、高須克弥院長は

「患者さんに施術する前に必ず自分自身の体を使って手術や薬剤の安全性を試す」のがポリシー。

その高須院長が

「レーシックを勧める医者がメガネだったから俺はやらない・・」

と言っているんだそうです。






レーシック手術をしないで視力回復する方法、あります。
⇒視力回復法 ジニアスeye詳細






この回復法は、あなたでも簡単にできるのです。


任天堂DSソフトや雑誌、書籍などでも公開され、
視力回復の第一人者、川村明宏氏が30年以上研究した視力回復法です。


1.手術は一切いらない。

2.自分でも短期間で回復できる。
 
3.レーザー手術と同じ効果を得られる。

4.眼鏡、コンタクトが一切必要なくなる。


視力は正しい知識さえあれば、 改善できる可能性があるのです。



レーシック手術をしないで視力回復する方法、あります。

⇒視力回復法 ジニアスeye詳細




posted by jiniasuai at 22:22 | レ―シック手術ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。