レーシック手術で視力を回復した前田敦子

レーシック手術で視力を回復した前田敦子

前田敦子もレーシック手術で視力を回復した芸能人の1人です。


レーシック手術は視力の劇的な回復が見込めます。
芸能界や著名人にもレーシック手術を受ける方は増えているようです。


元AKB48前田敦子もレーシック手術で視力を回復しました。


前田敦子は2011年11月、
自身のブログでレーシック手術を明かしました。

「どこまでも見えちゃう気分!
裸眼で生活できるのスッゴク嬉しいです!」


当時はまだ、AKB48のセンターでしたから
前田敦子のレーシック手術は、かなり話題になりましたね。


ところが、前田敦子がレーシック手術に失敗したのではとのウワサも出てました。


なぜそんな噂がたったのかというと、
伊達メガネの姿でよくテレビに出ていた頃からです。


レーシック手術をしていたのにわざわざメガネしている?


もしかしてメガネをかけることで
目の印象が変わってしまっていることを隠している?

とウワサが出てしまったんですね〜。


前田敦子はレーシック手術後、
黒目の瞳孔部分が明らかに大きくなっていると
ネット上でウワサになってました。


レーシック手術失敗の兆候として、
光を移す機能が鈍くなり常に瞳孔が大きくなってしまう、
ということがあります。



ホントに失敗だったのかどうかは不明ですが。




美容整形高須クリニック、高須克弥院長は

「患者さんに施術する前に必ず自分自身の体を使って手術や薬剤の安全性を試す」のがポリシー。

その高須院長が

「レーシックを勧める医者がメガネだったから俺はやらない・・」

と言っているんだそうです。


レ―シック手術をしないで視力回復!
↓  ↓  ↓

川村明宏の視力回復法 ジニアスeye







posted by jiniasuai at 23:33 | レ―シック手術した有名人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。