本当に自分で視力を回復することはできないのか

本当に自分で視力を回復することはできないのか

一般的には、視力を回復させる方法とは、
レーシック手術しかない。
と思われている方がほとんどです。


レーシック手術とは、
特殊なレーザーで角膜を変形させることによって
視力を回復させる屈折矯正手術のこと。


手術で視力回復したら、メガネやコンタクトのの煩わしさから解放される。
芸能人でもレーシック手術をしたと話題になる方もいますね。


でも。


近視を矯正するレーシック手術によるトラブルが、
過去5年間で80件報告されていると、
消費者庁が発表してました。


「レーシックによる角膜の削り過ぎで遠視にされ、目の周りの筋肉が常時痛む」(30歳代男性)
「手術直後から2カ月間、目の表面に激しい痛みがあり、寝たきりの状態になった」(40歳代女性)、

など重大な被害にあった方もいるとのことです。




やっぱり怖いな・・・。





レーシック手術をしないで視力回復する方法、あります。

⇒視力回復法 ジニアスeye詳細



この回復法は一切お金をかけずに、あなたでも簡単にできるのです。

任天堂DSソフトや雑誌、書籍などでも公開され、
視力回復の第一人者、川村明宏氏が30年以上研究した視力回復法です。


1.手術は一切いらない。

2.自分でも短期間で回復できる。
 
3.レーザー手術と同じ効果を得られる。

4.眼鏡、コンタクトが一切必要なくなる。


視力は正しい知識さえあれば、 改善できる可能性があるのです。



レーシック手術をしないで視力回復する方法、あります。

⇒視力回復法 ジニアスeye詳細






posted by jiniasuai at 17:13 | 視力回復法ジニアスアイ特徴 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

レーシック手術5年で80件の健康被害

レーシック手術5年で80件の健康被害

「レーシック手術5年で80件の健康被害」のニュースです。
去年のニュースです...。


Yahoo!ニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131204-00000005-wordleaf-soci



レーシック手術とは、
特殊なレーザーで角膜を変形させることによって
視力を回復させる屈折矯正手術のことです。

手術で視力回復したら、メガネやコンタクトのの煩わしさから解放される。
芸能人でもレーシック手術をしたと話題になる方もいますね。


でも。


近視を矯正するレーシック手術によるトラブルが、
過去5年間で80件報告されていると、
消費者庁が発表してました。


「レーシックによる角膜の削り過ぎで遠視にされ、目の周りの筋肉が常時痛む」(30歳代男性)
「手術直後から2カ月間、目の表面に激しい痛みがあり、寝たきりの状態になった」(40歳代女性)、

など重大な被害にあった方もいるとのことです。




やっぱり怖いな・・・。





レーシック手術をしないで視力回復する方法、あります。

⇒視力回復法 ジニアスeye詳細



posted by jiniasuai at 23:40 | レ―シック手術ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

高須クリニックの高須院長がレーシックの高リスクを主張

高須クリニックの高須院長がレーシックの高リスクを主張


特殊なレーザーで角膜を変形させることによって
視力を回復させる屈折矯正手術。
それがレーシック手術です。

手術で視力が回復するなんて夢のような手術。

でも、やっぱりリスクはあるんですね・・・。



美容整形高須クリニックの高須克弥院長が
レーシック手術について語ったニュースです。


Yahoo!ニュース
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20140809-00000001-pseven-bus_all



高須克弥院長は

「患者さんに施術する前に必ず自分自身の体を使って手術や薬剤の安全性を試す」のがポリシー。

その高須院長が

「レーシックを勧める医者がメガネだったから俺はやらない」

と言っているんだそうです・・・。






レーシック手術をしないで視力回復する方法、あります。

⇒川村明宏の視力回復法 ジニアスeye詳細




posted by jiniasuai at 00:40 | レ―シック手術ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。